復縁ブログ 愛され復縁

元彼と復縁&結婚した経験者が書く復縁ブログ

復縁をあきらめるべき?引き際の見きわめ方と気持ちを終了させる方法

2018/04/16

8cf06e1a97f77b21839090faed1e5852_s

彼とつながっていられるなら都合がいい女でもいい

連絡を切ったら彼から完全に忘れられる気がする

彼をつなぎとめるためには私から連絡をしなくては・・・

わずかでもいいから彼とつながってたい

 

”どんな形でもいいから元彼と繋がっていたい” という思いで元彼とズルズルしているものの、ふとした瞬間に「これでいいのかな?このままで私は幸せになれるのかな??」と不安に襲われる。

 

そんな悩みを1人で抱えていませんか?

 

 

復縁をあきらめて連絡するのもやめた方がいいと分かっていても、ついついスマホに手が伸びてしまう。

 

元彼への思いを断ち切れず、うやむやな状態が続くのはとても苦しいですよね。

 

この記事では「引き際の見きわめ方」「元彼への気持ちを終わらせる方法」をご紹介します。

 

これを読んでおかないと、復縁の可能性が低いまま彼に執着しつづけて、貴重な時間を無駄にする危険性があります。

復縁をあきらめるべきなのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んで冷静にいまの状況を振り返ってください。

まずは気がすむまで元彼に連絡してみよう

どうしても元彼に連絡するのをやめられない・・・

 

そういう人は、この際、気がすむまで彼に連絡してください。

なりふりかまわず、あなたの気持ちがすむまで連絡しましょう。

 

正直に言うと、彼にきらわれる可能性もあります。

というか、きらわれる可能性が大です(苦笑)

 

でも、どうしても自分の気持ちをおさえられないなら、気持ちがおさまるまでやらないと次に進めないでしょう。

無理して我慢してあとで爆発したらもっと遠回りになるので、まずは自分の衝動が落ち着くまで気が向くままに行動してください。

引き際は、いまの関係にむなしさを感じるようになった時

自分から連絡しているうちに、

 

・私はこんなに彼を愛しているのに、彼はぜんぜん振り向いてくれずみじめだ

・やっぱりこんな一方通行の状態はイヤだ。私だって大切にされたい。

・都合のいい女になってきちゃったな・・・。ほんとうはあの人の本命の彼女になりたいのに。

 

おそらく、そんな気持ちがムクムクと芽生えてくるでしょう。

だれでも必ず上のような気持ちになる日がやってくるはずです。

 

「むなしい」という気持ちが自分の中に芽生えたときが、いまの流れを変える転機です。

 

「元彼にまったく振り向いてもらえない関係はむなしい」

そうやって、まずは自分の中にある「むなしい」と言う気持ちを素直に認めてください。

 

負けを認めるようでツライかもしれません。

 

強がって「むなしくなんかない!」「私は彼が好きだからこれでいいんだ!」と虚勢を張りたくなるかもしれませんが、無理して強がってがんばり続けても元彼が振り向いてくれる可能性は低いです。

 

あなたから連絡を続けても彼の気持ちに変化が見られないなら、もうこれ以上同じ方法で彼を追い回しても、気持ちは変わりません。

変わらないどころか、きらわれるだけです。

 

「いまの関係はむなしい」という気持ちがわいたら、これ以上復縁のためにもがくのはやめにしましょう。

むなしいと感じる関係から手を引き、元彼との関係を終わらせるタイミングです。

 

最初のうちは、

「いまの状態はむなしい。でも、完全に切れるよりはわずかでもつながっていたい。」

そんなふうに矛盾した気持ちに苦しむと思います。

やり場のない気持ちでいっぱいいっぱいになると思います。

 

でも、自分の中に「むなしい」の気持ちがあることに気づき、むなしい関係から手を引くことが次の幸せにつながります。

元彼への気持ちを終わらせるには?

自分のなかに「いまの関係はむなしい。という気持ちがあることに気づいても、きっとすぐにはあきらめられないでしょう。

いままで毎日のように考えていた元彼のことを忘れるのはそうカンタンではないですよね。

 

それでは、どうやって元彼への気持ちを終わらせたらいいかを教えます。

 

まずは、「むなしい」という気持ちと向き合い、「むなしい」の下にどんな感情が隠れているか分析します。

 

きっと

「今の関係はむなしいな。やっぱり私だって愛されたいな。誠実に接してほしいな。大切に扱われたいな。」

という気持ちが隠れているはずです。

 

むなしさの下には「本当は大切にされたい」「本当は愛情をたっぷりそそいでもらいたい」と、あなたの本音があることに気づくでしょう。

 

そうやって自分のほんとうの気持ち(本音)を見過ごさずに、ひろっていくこと。

ほんとうの気持ちに気づき、その気持ちを大切にすることで「振り向いてくれない元彼のことなんてあきらめよう、忘れよう」と、一歩前進できます。

「幸せになる!」を選択する

「むなしい」という気持ちが大きくなってくると、だんだん「いまのままではイヤだ!」という気持ちになるでしょう。

 

「いまのままではイヤだ!」

「本当は大切にされたい」

「本当は愛情をたっぷりそそいでもらいたい」

 

じゃあどうするか?

 

それは、

幸せになることを選択してください。

 

自分に、幸せになることを許可してください。

 

今日まで一生懸命がんばってきたね。

もう幸せになっていいよ。

苦しまなくていいよ。

元彼のことはあきらめて、大切にしてくれる人を探そう。

幸せになろう。

 

そうやって、いままでがんばった自分をヨシヨシしてあげてください。

 

元彼に執着して苦しい恋愛をするのではなく、「幸せになる」「大切にしてくれる人を探す」ことを選択してください。

 

ツライ恋愛から自分を救ってあげましょう。

 

むなしさを感じるようになったら、元彼よりも自分のことを大切にする時です。

 

自分を大切にできるようになれば、自分を傷つける関係性を手放すことができます。

 

「いまのツライ状況を進むのでなく、幸せになろう」と選択し自分を大切にすること。

そうすることで、元彼への思いを終わらせて次に進むことができます。

まとめ:元彼をあきらめることで復縁の可能性がアップする?!

「このまま彼に連絡しつづけても、自分が望む幸せは手に入らない・・・」

そう感じるようになったら、復縁をあきらめて次に進む時です。

 

「むなしい」「このままだと自分が望む幸せは手に入らない」

自分の中にそんな気持ちがあることに気づいたら、じゃあ自分は本当はどうしたいのか?どうなりたいのか?自分の本音を掘り起こしていきましょう。

 

そして「いまのツライ恋愛を続けるのでなく、新しい恋をして幸せになろう」と幸せを選択してください。

 

元彼がいた世界から抜け出して自立し、彼がいなくても輝くあなたになること。

そうすることで、次の幸せがやってきます。

 

最後に。

不思議なことに、しつこく元彼に連絡している時はまったく振り向いてくれなかった彼も、あなたが幸せになることを選択し彼のことをあきらめると、急に態度が変わり元彼と新しい関係を築けることがあります。

 

いま復縁したいともがき苦しんでいる人は、むなしさを感じるような関係から一旦手を引き、幸せになることを選択してください。

そして、彼のことを忘れて輝きを取り戻しましょう。

輝きを取り戻すことで、もしかしたら、元彼とまたもう一度たのしく話ができる関係になれるかもしれません。

復縁したい方には下の記事も参考になると思うので、ぜひ読んでください。

参考記事

元彼にもう一度好きになってもらう方法*「彼に依存しなくても輝く女性」になれ!

メール講座案内



元彼に心底きらわれた管理人が復縁に成功し結婚できた方法



彼と別れて苦しくて、どうしても復縁したいと思っているけど、

何をすればいいか分からない
何をしても彼から拒否、既読スルーされる
彼に新しい彼女がいるためアタックできない
復縁できる気がしない

このような悩みはありませんか?


管理人も昔、元彼との復縁にむけていろんなことをしましたが、何をしてもうまくいかずあきらめかけていました。

しかし、恋愛心理学に出会い、復縁するためにとっても重要なこと、恋愛のルールを知りました。


それがキッカケで大好きな元彼と復縁。復縁後は毎日穏やかで、別れてたのがウソのように幸せいっぱいの毎日です。


もし、あなたがいま元彼との復縁にいきづまっているなら、「私が学んだこと」「私がやった復縁方法」をまとめた【無料メール講座 愛され復縁の方法】はきっとお役に立てると思います。


詳しくは下のボタンよりご覧ください。

-復縁方法

注目記事

復縁成功方法 1
元彼に愛されて復縁に成功し結婚!私の復縁までの道のり

初めまして。当ブログの管理人をしています中丸です。 私は、元彼と復縁して結婚し、いまでは2人の子どもにも恵まれ幸せな日々を過ごしてます。   この記事 ...

2
復縁できる?元彼の気持ちを知る方法

元彼のいまの気持ちが知りたい 元彼から返事がくるメールの仕方を知りたい このまま彼を想い続けていいのか不安になる もういちど元彼と昔のようにたのしく話したい & ...

3
ブログの内容をまとめた「復縁方法」をメルマガで配信中!

こんにちは。当ブログを運営してます中丸です。 このブログでは、元彼に心底嫌われた私が復縁して結婚するまでにやったこと、学んだこと、エピソードを発信しています。 ...